中小企業フルタイムワーママの雑記

中小企業フルタイムワーママの備忘録です。投資、節約、子育て、街コンに参加した時の話が中心です。

オタクが街コンに参加したらオタクと結婚した話

みみです!!

 

Twitterでは明かしていましたが、

私は街コンで旦那を見つけて結婚しました。

 

なので、今回は

 

街コンについて

(※約5年前の思い出話です。特定のサイトや出会いの場を斡旋するような記事ではありません。)

 

について綴ります。

 

当時はまだ、

相席目的の居酒屋さんのような、

常設のスポットはほとんどありませんでした。

 

 

街コン自体もマイナーで、

私が結婚相手をこれで見つけたというのは

勤め先や友人内でもかなり驚かれました。

 

 

さて参加方法ですが、

インターネットで

街コンイベントを探して、

予約して参加していました。

だいたい利用していたサイトは

街コンジャパンでした。

 

大阪に住んでいたので、

検索ワード

「街コンジャパン 大阪」

 

で検索すればたくさんの楽しそうなイベントがでてきました。

 

 

 

当時の参加費相場(大阪)は、

大体男性6000円

        女性3000円

程度だったと記憶しています。

(クレカ払い可能が多かったです)

 

比較的大きな規模だと、

飲食店6店舗位をぐるぐる回りながら

各店舗(食べ飲み放題)で相席する

内容でした。

 

主催者様によっては、二次会の場も用意されていました。

(大体男性参加費2000円位、女性参加費1000円位)

 

ですが、年々競合や常設店舗が

出店していましたので、

年を追うごとにひとつのイベント規模は

小さくなってしまっている印象でした。

 

 

覚えている参加したイベント名は

  • 年上彼氏年下彼女コン
  • オタクコン
  • 〇〇(地名が入る)コン
  • パーティコン
  • 人狼コン

などでした。

 

残念ながら参加出来ずでしたが、

 

 

などが当時開催されていました。

 

 

 

色々参加した中で感じたのは、以下2点です

 

  1. 趣味などの括りがあると盛り上がりやすい

  2. 女性も費用負担が多い方が良い

 

詳しく書きますと、

 

  1. 趣味などの括りがあると盛り上がりやすい

 

についてですが、

単純に趣味で括られている街コンは楽しかったです。

 

オタクコンは私がゲーム好きでしたので、

どの相席もよく盛り上がりました。

 

初めて会う同士の会話なので、

一定の共通の趣味があることが

分かっていると気持ちのハードルが下がって良かったです。

 

 

そして旦那はこのオタコンで見つけました!!

 

旦那の言葉を信じると、

その街コンが初参加だったらしいです。

(私は1年以上通いまくってたとは言い難い…)

 

好きなゲームジャンルは違ったのですが、

それでも意気投合。

 

職場も同じ市内だったので、

数回デートを重ねてお付き合いスタート。

そこから約2年後結婚→2年後娘誕生

→今に至る

というイメージです。

 

初対面から

共通の趣味があることは分かっていたので、

変な緊張もなく、

自然に話すことが出来ました。

 

なので

次のデートの約束もしやすかった事を覚えています。

 

 

  2.女性も費用負担が多い方が良い

 

に関しては、

私が見ていた感想になってしまうのですが、

女性参加費がある程度高い方が女性の本気度が高いです。

 

参加費が高いイベントは、

着ている洋服やヘアメイクなどを

しっかりキメている人が多い印象をうけました。

 

逆に参加費が安いイベントは、

暇つぶし、

安く食べれるご飯狙いだったり、

比較的身なりも普段着レベルの方が見受けられました。

 

 

あくまで5年前の思い出話で、

今は様子が

変わっているかもしれないですが、

当時の私が通っていた時は

こんな感じでした。

 

今後は、

当時の街コンに参加する中であった面白話、残念話、自身の変化なども綴れればと思います。

 

それではまたっ!!

スポンサードリンク 

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング